読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザイナーへのステップ① はじめに

42歳の晩夏に思い立ち、
今からゼロから、デザインとウェブ開発の勉強を始めることにした。

デザインに関しての知識は皆無ではない。かろうじて。
これまでのデザインにかかわる仕事は一応はしてきた。

でも、自分で手を動かしてデザインをしたことは、ない。
広告会社や、web制作会社で、
営業やプロデューサーやディレクターという立場で、
デザイナーにデザインをしてもらう。
そんなカタチでしか、かかわってこなかったが、
そんなカタチでは、これまでずっとかかわってきた。

web制作会社として独立した今も自分でデザインはしていない。
自分では企画やプランニングをして、(クライアントにプレゼンをして)、
デザイナーにお願いしてデザインしてもらい、
プログラマーやコーダーにお願いしてwebサイトを制作してもらって生活している。


そんな自分が、今さらデザインを勉強しようと思ったきっかけは、
「やっぱり、海外で生活したい」という思いが、ここ数年、どんどん強くなってきたからだ。


今のように、自分では手を動かさない仕事(=仕入れが発生する仕事)の仕方では、
ある程度の規模&予算のサイトを制作しないとなかなかビジネスにならない。

そして、その規模の仕事になると、どうしてもクライアントは東京に多く、
また、クライアントと直接会って打合せをすることが必要になってしまう。
つまり、今のままでは、なかなかリアルに海外移住をイメージするのが難しいのだ。

しかしながら、逆にいえば、自分で手を動かしてサイトを制作する技術を身につけ、
クラウドソーシングなどを利用して仕事ができるようになれば、
東京を離れてもお金を稼ぐことができるのではないかとも考えられる。

今の自分の能力を冷静に分析すると、webのプランニングには自信がある。
デザインの良し悪しも、わかっているつもりだ。
もし自分で作る技術があれば、
おそらく一般的なwebデザイナー以上の仕事はできる気がする。

ある程度以上の実力を維持しながら、
ひとりで仕事をフィニッシュできる技術力を身に付けられれば、
制作の仕事を続けながら海外移住することもリアルにイメージできてくる。


とはいえもう40を過ぎたおっさんだ。
人に言ったら「今からゼロからデザインの勉強?」とバカにされそうな気もする。

制作にこだわらず、別の仕事でも「海外で生活する」ことはできるのではないか?
そうんな風にも考えてみたが、
自分に何ができるか。自分の持っているあらゆる特性を考えてみて、
特にここ数か月、真剣にいろいろ考えてみて、
この年齢から本気で追及するのであれば、
やはり根本的に自分が好きだと思えること、
そして、これまで続けてきたこと(に関係の深いこと)じゃないと難しそうで…、
それは、これまでの人生の中で、自分では直接やってはいないけど、
気づけばいつもかかわっていたデザインではないかと思い至った。
そして、デザインとウェブ開発をゼロから勉強しようと決意したのだ。